月. 9月 23rd, 2019

2019GW西日本ツーリング その2 4/28 大分ー宮崎

4/28 大分~宮崎

朝6時に起床してパッキングして朝食バイキング食べて出発。
旅すると長年のスイッチが自動的に入ってしまい絶対いつも起きない時間に起きれるようになる。
ロングツーリングの時は特に距離を稼ぎつつ見たいものや食べたいものに時間を費やすためで体が元気かというとそれはまた別の話なんだけど
とにかく今日がスタート地点なのでテンションは上がりまくり。

 

というか今回は宿泊施設予約して移動なのでいつもよりゆったりか。大体5時パッキングだもんな。
朝が良い理由は上記のほかにも
大分AZホテルからやまなみハイウェイへ
とても良い天気の朝6時
こういう長閑な道をゆっくり走っても邪魔にならないし邪魔されないっていうお得感。そしてすがすがしい空気。
まずはツーリングスポットとして名高い「やまなみハイウェイ」へ
ここから色々行きたいスポットが連結しているので最初に決めたんだけどいきなり九州メインの場所でもあったり。
スカーンと晴れてたら遠くまで山が見える本当に最高の場所、なはず。
 
というのも今日の天気は薄曇りで良い景色にはならないだろうなーという気持ちもありながらするするっとスタート地点に入ってしまい
ちょっと晴れ?みたいな空気のなかきれいな景色と緩いワインディングを楽しみながら走る。

やまなみハイウェイ中の休憩所

途中の展望所?みたいな場所でパシャリ。
とにかく山が平べったいというか丸いというか。かわいい感じの山が多い。
走ってる時 前に居たハーレーの人がチラチラこっちを見てきて何だろうと思ってたら休憩所で「気にしないで抜いていってくださいね」と声をかけてきたけど
イエローラインだし前に車居たので抜けませんよと言うと笑いながら先に行ってしまったけど交通法規はちゃんと守ろうね。
自分も景色はゆっくり味わいたい派なので混んでても気にしないんだけどね。

長寿が原

メインの場所に到着!「長者原」!!
写真しょぼくてすみません、、テンション上がり過ぎて何枚も取った割に良いのが一つもなかったという。。
とにかくココが来たかったところの一つ!
やっぱりバイク乗りとか車の人とかが脇に止めて写真を撮ってた。
皆の憧れ! 
と言いつつもただの道だから別に時間つぶすこともなく写真撮って出発
 
さてお次は「ラピュタの道」という場所へ。
ここ数年その場所がネットで評判となり有名な場所となったんだけど山の崩落で入れなくなり無残な状態らしい。
とは言え自分の目で見ないとね、そのために来たんだし。
目的の場所まで40分、ちんたら走ってるんだけど山?丘?みたいな木が生えてないモコモコした緑の合間を走る。
とにかく不思議な風景。標高が高いのか木が生えるのに適してないのか、ちらちら見える茶色の牛がいるので標高高いのかな?と思ったらこの風景。

山もこもこしてる
下には阿蘇の駅
頑張った自撮り

下に見えるのは阿蘇の駅方面。どうやら標高高かったみたい。
 
それにしてもすごくない?下にバーッと人間が住む町が見えていて向こうの山と同じ高さは知ってる感じ。
一応自撮りしてみたけど全然入らなかった。女性はコレどうやっているのか教えて欲しい。
ゴーグルに映った自分の右腕が頑張ってる証拠。
報われぬ努力。
 
そうこうしているうちに目的の場所へ、道には交通止めの土嚢が置いてありその前にカメラを持ったライダーさんが居たので
「ラピュタの道ってここですか?」と聞くと崩落してるから入れないけど徒歩なら大丈夫との事でバイクを降りて歩く。

ラピュタの道へ

崩落してからアスファルトは割れてガードレールも落ちていたり、世紀末的な感じが凄い。
道路が崩れてるのをよけながらラピュタの道といわれるところに到着。

今のラピュタの道

ココがラピュタの道。
崩落してるねーあの道の先は展望台とかだったのかな。
なぜラピュタの道といわれるのかというと朝早く行くと雲海からこの場所が頭を出していて幻想的な雰囲気になるらしい。
お借りした写真でこんな感じ↓ 

昔はこんな感じ

すごいよね。これも見たかったけど今崩落している感じも良かった。
ただこの写真を撮るためだったら阿蘇辺りに泊った方がいいんだろうなー、まあそこまで今回望んでなかったからこれで良し!ってことで
道を戻ってバイクでパッキングしてると軽トラのおじいちゃんが声かけてきて
「おぉ~世田谷ナンバーってことは東京からかね?えらいまた遠くから~陸路?」と聞いてくる。
今回九州回って分かったけど皆陸路?と聞いてくる。フェリーいっぱいあるのになんでだろ。
「今回フェリーのれなかったので高速で頑張ってきました」と話すとちょっと待ってろ、と言われ車に戻るとパンとコーヒー持って来て
「これやるから。安全運転できをつけてなー!九州楽しんでな!」と去っていった。
 
え?
 
なんでくれたの?
 
と呆然としながら有難く甘いコーヒーを頂きパンはリュックに。
九州の人は人懐っこい感じがする。
 
何時まで天気が持つか分からないので次の場所「高千穂峡」へ
さっきの下手自撮りの向こうにあった阿蘇の町へ降りて田舎道と林間を走ると「トンネルの駅」とか言う道の駅を発見。
ちょうどトイレ行きたかったし見るところありそうなので寄っていくことに。

トンネルの駅

どうやら焼酎くろうまの貯蔵施設らしい。あと天孫降臨に天照。天照って聞いたことないなー
それに天孫降臨の旗に書かれてる人物 あれが天孫?めっちゃコーエー的なカッコよさ。

くろうま焼酎
焼酎所蔵場所

中はトンネルみたいになっておりすごいイモ焼酎の匂いがする。
ワインの酒蔵みたい。お酒ってワインにしても日本酒にしてもこうやって貯蔵するんだね。気温が低くて一定だからかな?
 
トイレも行って販売どころ冷やかしてから出発!と言ってもすぐ到着。
街中に入ってしまい あれ?もっと長閑な場所なんじゃないの?って思ってたのもつかの間
町の脇から川に向けて急なカーブを抜けて到着
流石GWバイク置き場は満杯で隙間に置く感じにしてとめる。

高千穂峡

ザ来たよ感!高千穂峡って書いてある高だけ妙にでかい。彫る時あ、やっべデカくしちゃった。とかそんな感じなのじゃないかと勝手に推測。

よく見る高千穂峡の写真っぽい構図

ネットや旅行雑誌で絶対見る構図の写真。さっきの場所のすぐ横の小さい橋からとったもの。
最初分からなかったけど人がいっぱい写真撮ってたのでのぞいたらコレ。
出てる滝っぽいのは駐車場わきにあったため池っぽいとこからの水でした。

神社に続く道

ため池あたりに続いてる道があって観光客がいっぱい通ってるので何かあるかと思って一緒に進むもどうやら違う神社に続いているみたい。
行ってみたかったけどブーツが重く歩くの大変だったので戻ってバイクを動かそうかなしてる時に
「Nice Bike!」と親指グっ!ってやってくる外人さんが近寄ってきてナイスバイクを5回ほど頂く。
じっくりマイバイクを見られた後 「Nice Bike」と笑顔で言われてサヨナラする。

 
「NiceBike..」

 
道の駅青雲橋

この時ちょうどお昼あたりでお腹が空いてたのだけど高千穂峡では人が多すぎたので最悪コンビニで、と思って走っていると新築の道の駅に到着。
まあ軽くそばとかでもいいかなと思ってメニューを見たらなんとチキン南蛮。
そうでした、宮崎に入ったらチキン南蛮たべなきゃ。
という事で注文。

チキン南蛮

道の駅だから発祥の物と違うかもしれないけど美味しかった。衣がフワッとしていて横のタルタルソースはノーマルと柚子が入ったものらしい。
柚子ってタルタルソースにも合うんだな。

 

トイレも済ませバイクを置いたところに戻ると横にハーレー軍団のバイクがずらり。
チョイ悪系スタイルのチームの人たちが後ろで座りながらだべってて あーなんか気まずいなーと思って無言で移動させようとしたら手伝ってくれて
「東京からか―どこまで行くの?」と聞かれ九州一周して下道で帰りますと答えると「俺らは九州の一つの県で精いっぱいよ」と笑いながら言ってたけど確かにあれだけ良い道がいっぱいで見どころ多ければそうだろうな。
ハーレーといえども自分が乗っているバイクはエンジンからして違うのでハーレーの人達がいるとあまり近くよらないようにしてたけどまあバイクだし別に気を使わなくていい気がしてきた。
ただたまに嫌なライダーもいるので何とも言えないけど。

 
気を付けて楽しんで―!と手を振ってもらいいざ宮崎へ
山間の気持ち良い神話街道という道を走り、抜けた所は海沿いを走って宮崎だー!と思ってたらずっと街。
朝から無縁だった信号のストップアンドゴーに悩まされながら時間が過ぎようやく今日の宿YMCA婦人会館へ 名前はあれだけどユースホステルです。

YMCA婦人会館

中に入ると施設感たっぷり。昔の窓口みたいな場所で呼び鈴を鳴らし出てきたおばあちゃんに説明を受けて今宵の部屋に。
風呂トイレは共有。
なんか宿泊施設というかセミナー会場っぽいところもあり不思議な複合施設なかんじ。

一泊3000円

6畳くらいの畳の部屋でまあ素泊まり充分位のお部屋じゃないかと思う。
ちょっと疲れたので30分くらい休憩してまだ日が暮れていないので楽しみの街歩きに。
おばあちゃんに名物が食べられるところと繁華街の場所を教えてもらい出発

宮崎庁舎

宿の隣が県庁社だったのでパチリ。
どげんかせんといかん!のあれで有名ですね~それにしても南国感が凄い。

南国っぽい木

これ不思議じゃない?木の枝からじゃないところから花が咲いてる。
鳥が落とした種とかそういうのかな、でもこの木だけじゃなかったからこういう種類なのかも。

宮崎は南国

ここがメインストリートなのかな。ヤシの木的なものもあり天気よかったらハワイとか嘘つける感じ?そうでもないか。
向かい側のアーケードは寂れてました。
たしかに盛り上げないと、っておもってしまうかも、、

飲み屋街

そんなこと考えながら飲み屋街へ。5時くらいだったのでやってるお店も少ない。キャバクラとか普通の飲み屋とか風俗っぽい店とかが混在してて綺麗になる前の歌舞伎町みたいな感じだった。
ここに来たのは理由があって、宮崎出身の友達にお勧めされた辛麺を食べにきたわけで。

辛麺

ここがその辛麺屋。提灯出てたから営業中かなと思ってたら閉まってました。
アレ?営業時間いつなんだろと思って食べログで調べてみると時間は書いて無くレビューに「女将の気まぐれ」とのこと。

 
おいぃー!シェフぶってんじゃねえよー!食べさせてよー!

 
という気持ちをグッとこらえてもう一つの元上司からおすすめのうどん屋に行くために時間をつぶす。

アーケード街
さっきのメインストリートの寂しい感じとは大違いでアーケードは賑やか。
思ったんだけど女の子がホントかわいかった。
九州の女性かわいいっていうけどほんとなんだねー
取り敢えずコーヒーを飲むためにミスドに。ほんとはもっとドトールみたいな所が良かったんだけど見つからなくて入店。
どうやらミスド自体が待ち合わせ場所になってるらしく出入りが激しかった。ドーナツ食べてる人いたのかな?
店の不思議な使い方。

戸隠うどん

ここが元上司にお勧めされたうどんやさん
宮崎名代って書いてるけど戸隠って長野の?というちょっとホントにぃ?的な気持ちがぬぐえないまま中へ。

 
店内はずらっと有名人のサインが。
ここの名物は釜揚げうどんらしく上司がとにかくうまいから食ってみろと言ってたので注文

うどん

細めんのうどんに天かすとネギの入ったつゆ。650円
細めんのうどんは柔らかくだし汁は九州の醤油で作ったからかちょっとだけ甘い。柚子か何か入ってるのかな?すごくさっぱりしていておいしかった。

 
ここから宮崎来たなら鳥でしょう?ということでおばあちゃんに教えてもらった居酒屋へ行き席を待っていると4人掛けのテーブルに一人。

 
カウンターじゃないんですね。。
大阪から来たと思われる女性四人の横に4人掛け席にポツンとおじさんしました。
向こうもおじさん一人なのを不思議に思ったのかチラチラ見てきてなんだか申し訳ない気持ちに

 
とは言え折角来たんだから楽しまなきゃという事で注文。

鳥刺し

鳥刺し。やっぱり甘めの醤油なんだけど生姜とネギがよく合っていい感じ。
部位によってこんなに弾力があるのかと驚いたり。

焼酎ロック

焼酎のロックを頼んだら出てきたのが徳利。
あ?これ焼酎ですか?ときくとそうですと。

 
へぇ~宮崎って焼酎徳利で出てくるのか、、不思議。
というかこのセットってスナックっぽくない?

炭火焼

炭火焼地鶏!これ本当に美味しかった、東京で似たようなもの食べてなんで宮崎の人こんなの好きなのかな?って思ってたけど違いました。
軟骨と肉が相まってゴリゴリした食感とうまみが出てくる。焼酎が進む。
帰りに真空パックのお土産買って帰ろうと思ったけど旅はまだ2日目。 今買うと持ち歩きめんどくさそうなので断念。
ただ教えてもらったこのお店一人飲み用ではないっぽくお値段もそれなりなので適度に楽しんでコンビニでお酒買って宿に。

施設の本棚

部屋の前には暇つぶし用なのか古めかしい漫画がいっぱい。
釣りキチ三平読んでみるも前後の話が分からず断念しテレビをつけてチャンネルを回すも同じところにすぐ戻る
アレ?壊れてる?と思い番組表をうつすと

宮崎のチャンネル

え?

4チャンネルしかないの?しかもNHK2つだから実質2チャンネルじゃん。。

ラインで友達に昔からテレビこうなの?と聞くとそうだとの事。
なにして遊んでたの?と聞いたら無駄に外走ってましたといわれ
どんだけ純粋な少年なんだよ!と。

確かにこういう楽しみが減れば人とのコミュニケーションが楽しみになるんだなと思った夜でした。

→2019GW西日本ツーリング その1

→2019GW西日本ツーリング その3

→2019GW西日本ツーリング一覧

1 thought on “2019GW西日本ツーリング その2 4/28 大分ー宮崎

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。